摂食障害の方へ · 2019/09/14
私は18 歳から 42 歳まで摂食障害と共に生きてきました。 この期間は私にとってどんな意味が隠れていたのでしょうか。 認められたい、愛されたい、安心したいなどの欲求の根底には、 自己否定と許されたい気持ちがあったと思います。 アルコールや薬物、ギャンブル、仕事・・・ 数ある依存症の中で私が摂食障害になったのは、...
ひきこもりの方へ · 2019/08/10
私は何にしても人より遅く、 理解するまでにも時間がかかる方です。 同時進行で複数の事をすることは不得意ですし、 人の言葉の裏を読むことも苦手です。 機転の利いた言葉もタイミングよく発せられなければ、 先手を取る閃きにも欠けています。 もともと喜怒哀楽は発散するよりも内に秘める方です。 「臨機応変」は大の苦手とします。...
摂食障害の方へ · 2019/07/26
私の母は、完璧主義で心配性でした。 私が転ぶ前に、躓きそうな障害物を取り払い、 私が不足を感じる前に、満たそうとしました。 溢れていても、気がすむまで・・・。 私は、欲求や意思を表現する機会がないまま、 大人になりました。 いつしか、理由のわからない怒りを抱えていました。 傍目からは何不自由なく大切に育てられたのに、...
心の病に悩まれているお子様のお母様は、 医師やカウンセラー、テレビのコメンテーターなど、 色々な人から「母親が悪い」と、 露骨には言われなくとも、そう思われていると感じて、 二重に苦しまれておられる方が多いのではないかと思います。 そのため、病院や福祉などに相談にいくことをやめてしまったり、...
摂食障害やひきこもりで、 症状に振り回されていた約 25 年間、 将来の不安と焦り、 家族や世間への負い目と自責の念でいっぱいでした。 両親は私のことで、 いつも意見のぶつかり合いをして、 家庭内は疲労と焦燥でピリピリしていました。 父は私に対し、 腫れ物にさわるように遠慮していましたし、 母は私がいないと生きていけないのではないかと思うほど、...
82 歳の母が、最近体調が良くなくて、 今日も付き添って病院へ行きました。 昨年の夏、 一人娘が25 年の摂食障害から解放されたことで、 粘り強く支え続けた気丈な母は、 一気に力が抜けたのでしょうか。 近頃みるみる弱くなってきたので、 実家に度々帰り、 親子 3 人で会話することが増えてきました。 母の老いが皮肉にも、 母娘の距離を急速に縮め、...
ひきこもりの方へ · 2019/06/11
私は大学 1 年生の時に摂食障害と鬱になり、 3 年生の時に退学しました。 当時は病識がなく、 心療内科やカウンセリングも今ほどメジャーではなかったので、 発病から病識を得るまでの 8 年間、 誰にも相談できず自分の異変を隠していました。 いいえ、「誰にも相談できず」ではないですね。 初めから、「誰かに相談する」という選択肢すら思いつかなかったので、...
摂食障害の方へ · 2019/06/04
私は約 25年間、摂食障害でした。 自覚していなかった初めの 8 年間は、 食のコントロールを家族に邪魔されないよう、 嘘や隠し事が増えていきました。 周囲が心配してくれることは、 食のコントロールを脅かすことなので、 苛立ちと罪悪感の狭間で苦しむことになります。 このアンビバレントな感情は食にも通じていて、 「食べたい」気持ちと、...
ひきこもりの方へ · 2019/05/29
思慮深く、心優しいあなたへ 私は 10 年間ひきこもっていた時、 家族や周囲の人たちに度々言われてきた言葉があります。 「気の持ち方、受け取り方次第だよ」 私はそう言われるたびに、 心の奥で憤りを感じていました。 私の感情を一蹴され、 責められているような感じがしたのです。 当時の私は、両親と話すことはおろか、 顔を見合わせることも、...
ひきこもりの方へ · 2019/05/22
感受性豊かな優しいあなたへ 負の感情とは、淋しさ、悲しみ、怒り、嫉妬、恨みなど、 「そんなふうに思ってはいけない」と戒められることの多い、 一般的に悪者扱いされている感情です。 感じてはいけないのだと、 心の奥底に閉じ込めて、 無かったことにしたり、 作り笑いで誤魔化したり、 都合の良いように捻じ曲げて解釈したり、...

さらに表示する